革の事

癌と戦う革職人NO17

これを書くのはすごく久しぶりにのような。

少し色々な思いがありまして、正直迷ってます。

「癌と戦う革職人」を最後まで書くのか、それとも全部消して「革」だけのにするのか・・・

本当に迷ってます・・・

今回は続き書きます。

前回はPET CTを受けたところでしたね!

もうね!このころになると検査ばっかりなので自分が何なのか、すごく分からなくなってきます
それはね!まだ「元気」なのですよ!どこも痛くもないのに検査ばっかりですし、会社からは精神的苦痛を
あびせられるしね!

この変な感じが本当に嫌でしたよ。

そんな日が続き、診断書ができたと、本当にありがたいです!

内容は
[ 病名 悪性リンパ腫 ]
現病歴 2020年12月に右下顎下部腫脹を自覚された。近医受信され、リンパ節腫脹をみとめたため同リンパ節生検を施行。悪性リンパ腫と診断されたため、2021年1月27日当院受診。治療としては2週間程度の入院にて化学療法を導入し、退院後2週間の休養が必要であるが、以後は通院にて治療を継続する予定である。治療期間は6ヵ月を予定しているが、治療当日並びに体調不良以外は勤務可能と判断する

と言う、内容でした。
あのFAXをみてこう書くしかなかったと。
なるべく「クビ」にならないように、ぼかした内容で書いてくれました。
本来は6か月は勤務不可能っと言う内容だったそうです。

 

この診断書をやっと会社に出せると思い少し肩の荷が下りるじゃないですが、何かこの紙に少し安心しました。

このときはね!

今回はこの辺で、最後まで見て下さり、ありがとうございます。
よければコメントなど頂けると嬉しいです。
コメントは承認制なので自分が承認しないと他の人は見る事できないので!

では、ありがとうございます

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください