癌と戦う革職人

癌と自分の思い・・・

今回は自分の癌と今の状況の思いを少し。

「癌と戦う革職人」のことを書いてもうNO14までにも。
内容はすごく濃いと思います。
それを見て自分に手を差し伸べしてくださる方も沢山います。

「本当にありがとうございます。すごく感謝しています」

ここで、「癌」って聞くとやっぱりビックリしますよね!
でも実際に自分が「癌」になると「癌」のイメージは変わりました!それは「治る可能性は高くなっている」という事です!


もちろん、5年生存率ってのもあります!

自分は2期、いわいるステージ2です。治療も頑張ってこなすと完治する確率は高いと自分は思っています。
先生に「最後まできっちり、治療をすれば治ります!」この言葉最初にいわれたのですよ!

「癌と戦う革職人」でも書いてると思います。

この「最後まできっちり」の言葉に少し自分は気になっていました。治療を始めるとそのことが分かりました!

(※これは自分の場合です)

自分の治療のサイクルはまず、入院して治療 ➡ 退院後は外来での治療。今は外来での治療をしています

3週間に一回の治療なのですが、外来なので逃げれるのですよね!副作用は確かにキツイです!
なので3週間後、治療に行かないって事を選択することも出来るのですよ!

最初に言われた言葉はこの事だと思いました。

      「自分は逃げませんよ!」

多分、自分の場合は体力がもともとあったと思うので、ここが回復の速さも出てると思います。
治療後は確かにしんどいです、キツイです!歩くのもままならない時もあります。
でも根っからの挑戦者・・・M・・・?
なのか、その中でも、どこまで歩けるか!とかしてしまうのですよ、でも家に帰るとぐったりですけどね!
治療の飲み薬が5日あります、これが段々とパンチがきつくなってます!
なので治療後は1週間は何もできない状態です!
9日目、少し体力も回復していきます。ここで日常生活程度はできるようになります。
14日目位からは少し散歩に行けるくらい回復していきます。
散歩って言ってもゆっくりなペースで、平坦な道で10分弱くらいが限界ですが。
坂道だと3分歩いて休憩って感じです。
なるべく少し散歩に行くようにしています。
やっぱり外の景色や音、空気など感じたいと思っていますので!
少し無理をしてるのかもしれませんが、外に出て外の空気を吸いにね!

最後の1週間はかなり体力も回復してきますが、ここで動きすぎると一気に免疫が下がることが分かりました。

前回の治療一週間前の診察の日、血液検査するのですが、そこで白血球の数値がぐんと下がっており、治療の日まで
散歩はやめました。

毎回、治療後の感じが違うのと人によっても様々だと思います。

ここでです!

今は癌と共に働く!って最近、聞くと思いますが、これ!すごく限られていると会社だと思います。

それはなぜかと言うと
1. 最低でも治療後、2週間は何もできません 2. 一回の活動時間が短い。3.1日1日で体調が変わります。

3週間に一回の治療ですが、その1週間前にも診察に行かないといけませんし治療後2週間は何もできないですのでこの辺の融通が利くところが必要になり、また1回に動ける時間がバラバラだという事です!
すぐに息切れして動けなくなります。あまり動きすぎると免疫力が一気に下がり、風邪や、コロナ、その他の病気をする可能性が高くなります、その事によって予定通りの治療ができないと、治療期間が延びることになりますし、その日その日で体調の変化があります!いきなり次の日ダウンするって事もありますし、午前中、体調が良くても午後になると何も出来ないこともあります。

このことによって、かなり融通の利く会社でないと、ともに働くって事は難しいと自分は思います。

最後に、このブログで自分が癌と知ってビックリした方もいてると思います。
でも自分はこの病気をしっかり受け止めて前向きに考えております!
なので、これを見たからといって、あまり深刻に考えないで下さい!

自分は必ず!完全復活します!
約束した事、「完全復活したら飯行こう!」を楽しみにしています。
またこのこの事で離れていた友人などとの「繋がり」も出来れば嬉しいです!

完全復活後は「革職人」として新たにスタートを切ります。

今はその為に今はグッとしゃがんで大きくジャンプする為の期間とも思っております!

自分の事を知ってる方、知らない方でも気軽にお声かけください!

メールなどもらえると嬉しいです!「久しぶり!」だけでも、本当に気軽にしてください!


今回はこの辺で、最後まで見て下さり、ありがとうございます。
よければコメントなど頂けると嬉しいです。

メールアドレス info@93leather.com








コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください